生産ライン

ドライパック

缶詰
食缶
特徴: 高真空状態でのドライパック製法 ドライパック缶詰のパイオニア
充填可能製品: 大豆・ひじき・ミックスビーンズ・コーンや大豆・小豆のドライパックなど
充填可能容量: 1号缶 2号缶 4号缶 5号缶 8号缶 T1缶 T2缶 M2缶 K7缶
ラインスピード: 4,200缶/時 × 3ライン (缶サイズ、充填物によって異なります)
レトルトパウチレトルト
特徴: 最大4種類の豆原料の充填可能
充填可能製品: 大豆・ひじき・ミックスビーンズ・コーンやぜんざい・うずら卵など
充填可能容量: 40g~300g パウチサイズ(幅80~130mm 長さ140~210mm)
ラインスピード: 4,200袋/時 × 2ライン (パウチサイズ、充填物によって異なります)

流動食

スパウトパウチスパウト
特徴: 酸性・中性共に可能(レトルト殺菌可)
インラインでのスパウト装着
充填可能製品: 半固形流動食
充填可能容量: 70g~400g
ラインスピード: 9,000袋/時(パウチサイズ、充填物によって異なります)
ソフトバッグソフトバッグ
特徴: 酸性・中性共に可能(レトルト殺菌可)
インラインでのスパウト装着
充填可能製品: 液体流動食
充填可能容量: 150ml~400ml
ラインスピード: 7,200袋/時(サイズ、充填物によって異なります)
Page Top